Compact Disc

Top > discography2 > 2006-2007 > TAKE ME TO YOUR FUTURE

TAKE ME TO YOUR FUTURE

HAWKWIND RECORDS - HAWKVP38DD (2006)
Dual Disc (2- Sided Disc: CD&DVD)

ジュエルケース、ブックレット。デュアルディスク(片面CD/片面DVD)。
CD面については全てのプレーヤーでの動作保証はされていません。私のはPCで読まない場合もあったり不安定です。

AUDIO SEQUENCE

Uncle Sams On Mars
Small Boy (The Swing)
The Reality Of Poverty
Ode To A Time Flower
Silver Machine (21st Century remix)


VIDEO SEQUENCE

Images
Utopia
Assassins Of Allah
The Golden Void
Steppenwolf
Paradox
Don't Be Donkish

 

2006年は4月からステージを開始。デイヴ、アラン、リチャード、ステュワートのメンバーにジェズ・ハゲットがゲスト参加。ブレイクは不参加でした。その中で9月にリリースされたアルバムは音と映像が楽しめるデュアルディスクとしてリリース。 ファンを意識して企画された感のあるパッケージ。CDサイドは新録音含む5曲入りのミニアルバム。前年リリースの最新アルバムTAKE ME TO YOUR FUTUREは、正規スタジオ盤としては7年ぶりでしたので、 おそらくその間に他にも多くのトラックがとられていたと思います、そういったアウトテイクスなどを入れたものと思われます。曲数は少ないですが長尺曲が多いです。参加メンバーはこの時期の主要メンバー、デイヴ・ブロック、アラン・デイヴィ、リチャード・チャドウィック、 それにゲストとして、レミー(Vo)、アーサー・ブラウン(Vo)、ジェイソン・ステュワート(key)、サイモン・ハウス(Vn)そしてボブ・カルバートは生前の朗読テープを使用しての参加。エンジニアリングはデイヴとアラン。 全体にデジタルっぽいサウンドの印象が強く、前作と同傾向のムード。この年、デイヴはカルバートの朗読テープを入手し、
Uncle Samsはお馴染みのあの曲、8分強の完全新録。リードボーカルはデイヴ。ボーカルはイコライジング処理されざらついていますが、シンセのシークエンスや電子音などがきらびやかで流麗に突き進みます。
イントロからのデジタルピアノが印象的なSmall Boyはリズムレスのゆったりとした曲、カルバートの朗読が入ります。
アーサー・ブラウンがゲストボーカルのThe Reality Of Povertyは9分の大作。ブルース調の出だしからブラウンの語り、テンポアップしたところデイヴのリードボーカル。Bメロの後はスローテンポの中間部。ブラウンの語りにハウスのヴァイオリンが絡んできます。 かなり激しいプレイ。その後リズムがアップテンポになり再度デイヴのボーカルによるAメロBメロ。突如低音ドラムの響きで曲調が変わり、シンセベースと高音シークエンスによる反復パートで終了。
続くOde To A Time Flowerは重低音を効かせた反復リズムにカルバートの朗読。
CDサイドの締めはSilver Machine (21st Century remix)。リミックスとありますが、これは新録で、リードボーカルにレミーを招いています。中間部と終盤のギターソロ、原曲のニュアンスをそのまま演奏していて、微笑ましいですね。中ほどズンドコリズムに なりつつシンセ渦巻き、Aメロが戻ってくる頃にはレミーと一緒に歌ってしまいたくなります。でももう少しレミーのボーカル推し出して欲しかったです。ちょっとオフ気味にミックスされてます。 とはいえ、約7分にわたってのレミーの歌声が満喫できるのはファンには嬉しいプレゼントでした。

DVDサイドは過去のプロモーションビデオ、ツアーの模様、リハの様子など色々と入っています。それぞれDVDで発売予定と記載されていますが、のちにDVD化されたもの、されていないものもあります。
・Images プロモビデオ。画質悪いです。というか、このDVDの映像は全体に良くないです。ウィシャートをメインにしたステージの映像を加工しています。レーザー光線を使っていてカッコ良いですが、もう少し綺麗な映像で観たいですね。以前リリースされたPROMO COLLECTIONに収録されていましたが、その後はDVD化されていません。
・Utopia 2000年のオージーツアーの際、シドニーのTV局ABCで収録OAされたものです。こちらは当然プロショットで演奏の様子もよく見えます。ギターはジェリー・リチャーズ、ハウスのバイオリンプレイ、ベインブリッジの怪しい語りも全てが懐かしい。この時のOA映像は、海外のファンにビデオを頂き他にも演奏しているのでDVD化して欲しいです。
・Assassins Of Allah 2005年のウインターツアーのもの。会場後方から1カメで画角固定のため雰囲気しか分かりません。ダンサー達が例によって怪しくサウンドはライン録りでまぁまぁ良好。音的にはジェズ・ハゲットのサックスがいい感です。のちにWINTER SOLSTICE 2005としてHAWK RECORDSよりリリース。
・The Golden Void 89年トレワギー・ツリー・フェアのステージから。薄暗いステージで画質はかなり悪いです。アランがリードボーカル、ベインブリッジ、ハウスが参加しています。のちにTREWOGY 1989というタイトルでHAWK RECORDSよりリリース。
・Sttepenwolf 96年、デイヴの農場スタジオでのリハーサルの様子。バンド演奏は見えず、ダンサー達の練習風景。ブロックの奥さんクリス・テイトと他2名のダンサー。
・Paradox 2005年のTAKE ME TO YOUR LEADERローンチパーティの様子がスライド画像で収録されており、そのBGMに流れます。前年のSpirit Of The AgeのCDシングルなどに収録されたParadox 2005と同じテイクです。
Hawkwind Passportというコーナーがありポスポート登録への勧誘的スライド画像。そのBGMに流れる打ち込み曲がDon't Be Donkish。パスポート持ってるとホークフェストなど色々と楽しめますよ、というような内容。日本で持っていてもあまり活用できませんが。。 この年は今作に合わせて10月にツアー、12月にもミニツアーを実施。その中でプライベートパーティギグを実施し、参加者は思い思いにコスプレして参加、ステージの様子を撮影したものはのちにDVDとして配布されるというものでした。
またVOICEPRINTからはカルバートのライブを収録したアルバムが数枚リリースされました。これがブート並みに音質の悪いものがほとんどでした。さらにデイヴはTHE BROCK/CALVERT PROJECTというアルバムを発表、今作のSmall BoyとOde To A Time Flowerはそちらにも収録されています。


関連情報

・2006年12月のギグを収録したDVD "SPACE MELT"
・THE BROCK/CALVERT PROJECT

オリジナルUK盤&日本盤ディスコグラフィCompact Disc 2006-2007に戻る

2017/09/24 update


HAWKWIND DAZEトップページに戻る