Analog Disc

Top > discography1 > 1973-1975 > ロンドンの熱い嵐

ロンドンの熱い嵐
グリージィー・トラッカーズ・パーティー

東芝音楽工業 LLP-93075B (1973)


オリジナル盤同様、見開きジャケット。解説:大森庸雄

 

Side 1
スパンク・ロック






Side 2
エンジェル・イージー
アンディー・ダンカリーのおしゃべり
パワー・カット(沈黙の時)
ワンダー・ウーマン
ジャスト・マイ・ウェイ
負けるが勝ち

Side 3
ミッドナイト・トレイン
サレンダー・トゥ・ザ・リズム
人々に捧げん我音楽を

Side 4
宇宙の支配者
ボーン・トゥ・ゴー


前年(72年)日本でもヒットした「シルバー・マシーン」のホークウィンド、その圧巻のライヴ演奏が聴けるということでリリースされたアルバム。当時はまだまだ英国は遠い海外、 ホークスのコンサートはレコードの解説や記事でしか、伝え聞くことができなかったわけですが、このアルバムによってかなり早い時期(73年2月)にそのライヴ演奏の一部が紹介されました。
解説にはアルバムのリリース概要が書かれており、ノッティングヒルゲイトのグリージィー・トラッカーズという団体のチャリティとして実施されたイベントと伝え、アルバムのトリになっているホークスの圧倒的な演奏がハイライトとして紹介されています。
また機材盗難の話も紹介されています。マンは日本初の紹介となっています。


関連情報

・GREASY TRUCKERS PARTYレビュー

オリジナルUK盤&日本盤ディスコグラフィAnalog Disc 1973-1975

2017/11/24 update



HAWKWIND DAZEトップページに戻る