Hawkwind Daze Logo

Compact Disc

Top > discography2 > 2017-2018 > ROAD TO UTOPIA

HAWKWIND | ROAD TO UTOPIA

CHERRY RED - CDBRED730 (2018)

Hawkwind - Road To Utopia
デジパック、ブックレット。
Hawkwind - Road To Utopia
ジャケ裏側、ブックレット。
Hawkwind - Road To Utopia

1ST INNINGS
  1. Quark Strangeness And Charm
  2. The Watcher
  3. We Took Wrong Step Years Ago
  4. Flying Doctor
2ND INNINGS
  1. Psychic Power
  2. Hymn To The Sun
  3. The Age Of The Micro Man
  4. Intro The Night
  5. Down Through The Night

2017年から告知されていたホークウインドとオーケストラの共演企画IN SEARCH OF UTOPIAに先駆けて、2018年9月に新作アルバムROAD TO UTOPIAがリリースされました。レコーディングは6月に行われた模様で、弦楽五重奏、サックス五重奏を中心にフルートなどの管楽器セクションが加わったもの。バンド側はデイヴ・ブロック(Vo/G)、リチャード・チャドウィック(Dr/Vo)、ミスター・ディブス(Vo)、ハズ・ウィートン(B)、マグナス・マーティン(G)。管弦楽のスコアを書いたのは、SSWであり作編曲家でもある才人マイク・バット。バットはレミー作曲のThe Watcherにピアノ演奏で参加、さらにブロックの若かりし頃からの友人、エリック・クラプトンも同曲でギターをプレイ。またホークスのライブに参加経験のあるサックスプレイヤー、ジェズ・ハゲットも参加。
選曲はこの楽しい企画にマッチングの良いクラシックナンバーがずらり。アナログレコードもリリースされ、A面が1ST INNINGS、B面は2ND INNINGSとされ、アルバムカバーのメンバーによるクリケットのイラストにかけています。
Quark Strangeness And Charm ブラスセクションをフィーチャーしスゥイングジャズ風のアレンジ。リードボーカルはブロック。
The Watcher 本作最大の聴きどころ。クラプトンのエレキ、バットのピアノ、ブロックのハーモニカ。ブルーズに振り切った演奏、ボーカルはディブス。レミーにも参加して欲しかった。
Wrong Step Years Ago アコギのアルペジオと管弦楽団が美しく呼応。ブロックのリードボーカルにチャドウィックのハモり。
F lying Doctor 原曲のアクロバティックな曲調を忠実に再現。ボーカルはディブス。
Psychic Power メロディアスナンバーの代表格、原曲にもトランペットが入ってましたが、その印象を拡大し堂々としたアレンジ。ボーカルはブロック。
Hymn To The Sun マーティンによる美しいインストゥルメンタル。マーティンはホークスのステージではキーボードメインですが、元々はギタリストで腕達者。
Micro Man ホウクローズ期のスローなバラード、管弦楽との相性が良い仕上がり。ブロックのリードボーカル。
Intro The Night 次のラストナンバーに向けて静かに盛り上げるイントロ。
Down Through The Night ラストらしく哀愁を帯びた曲調をギターソロやハーモニカソロなどが引っ張ります。ボーカルはディブスがメイン。
あまりにも聴き慣れたナンバーばかりですので、このようなアレンジでもほとんど違和感を感じません。一部電子音は聞こえますが、管弦楽団は生身の人が演奏しているので、人力の熱が伝わってくるためか、スペイシーさは薄れています。このアルバムカバーは本作のそのような印象をうまく表現していると思います。


関連情報

・LP盤のレビュー


オリジナルUK盤&日本盤ディスコグラフィ2 Compact Disc 2017-2018に戻る

2018/09/13 update


HAWKWIND DAZEトップページに戻る