Hawkwind Daze Logo

Compact Disc

Top > discography2 > 2020 > CARNIVOROUS

HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA | CARNIVOROUS

CHERRY RED - CDBRED822 (2020)

2012年に使用したHAWKWIND LIGHT ORCHESTRA(以降HLO表記します)のプロジェクト名を再び冠し、2020年10月にリリースしたアルバム。2019年の50周年記念ツアーが一段落した12月にデイヴ・ブロックがソロアルバムとして制作を開始、その後ホークスのメンバーであるリチャード・チャドウィック、マグナス・マーティンが制作補助で参加。折からのCOVID-19のパンデミックの影響で、制作はデータ通信を介して行ったとのこと。2012年HLOのプロジェクトは大雪に見舞われたために、同じ様にデータでのやり取りで制作方法を行ったので、今作でもHLOを冠したようです。各曲の作者はブロックで、一部マーティンとの共作クレジットがあります。アルバムタイトルはCORONA VIRUSとの語呂合わせで、肉食獣を意味するCARNIVOROUS(カーニヴォラス)。ブックレットにはコロナウイルスの脅威は、人間が他の種を食した結果であると記載されています。もともとブロックさんはベジタリアンなので、その思いが強く現れています。
作品自体は、ブロックのソロに近いので各曲はホークスより多少音楽性において幅が広いですが、HLOの1stに比較するとホークス寄りで結構楽しめる内容。

HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA | CARNIVOROUS
デジパック。マーティン・クレルによるカバーアート。
裏ジャケ。
HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA | CARNIVOROUS
ブックレット添付。ブックレットにはクレジット、歌詞が掲載されています。
HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA | CARNIVOROUS

  1. Expedition To Planet X
  2. Dyna-Mite
  3. Void Of Wasteland
  4. Repel Attract
  5. Attraction
  6. Human Behaviour (No Sex Allowed)
  7. Temple Of Love
  8. Square Peg Into A Round Hole
  9. Windy Day
  10. Model Farm Blues
  11. Whose Call Is It Anyway?
  12. Lockdown (Keep Calm)
  13. The Virus
  14. Forgotten Memories
  15. Higher Ground

Expedition To Planet X 次曲のイントロ的なインスト。電子音のSEにサンプリング弦楽器群のわななき。
Dyna-Mite オープニングにふさわしい溌剌系、メロディックハードロック。オブリガード風に入るソロギターのフレーズも相変わらず。
Void Of Wasteland 反復リズムにパッドシンセの流れるコードと電子音が飛び交う中にブロックのギターソロというホークス流シンフォ系インスト。
Repel Attract 全曲から続いており、ギターのコードストロークが入り、ブロックのボーカルによるAメロ。その後マイルドなコーラスが流れます。この辺り少し新しい感じのアレンジ。シンセのシークエンスが流れ、Aメロの繰り返し。ボーカルの高鳴りとともに盛り上がり収束、次曲につながります。
Attraction 電子音にアコギのゆったりしたストロークでチルアウト。共作マーティンとありますので、アコギはマーティンでしょう。
Human Behaviour (No Sex Allowed) ミドルテンポのハードロック。ブロックさん得意の図太いリフを中心に、ギターソロもかなりフューチャーされています。
Temple Of Love シンセシークエンスとエスニックなパーカッションによる小曲
Square Peg Into A Round Hole 電子音SEに続いてブロックのアナウンス。タイトルは社会に馴染めない、異端者を表す意。その後シンフォニックなシンセの演奏、大海の波の音。
Windy Day ブロックの趣味的なボーカルナンバー。ホークウインドのアルバムにはあまり収録されないタイプのラブリーでおっとりしたナンバー。
Model Farm Blues タイトル通りのR&Bな曲。ここまでのもホークスではやらないですね。
Whose Call Is It Anyway? 電話のコール音、電子音にマーティンのアコギ。終盤に向けてのインターバル曲。
Lockdown (Keep Calm) ここからアルバムのクライマックス。重々しいギターリフ、アコギも重ねられています。ロックダウンの情景を描き、ひたすら繰り返された後、シンセの静かなシークエンスとなり終了。
The Virus シンセによるウイルスを描写したかの様なパートから再び前曲のリフが繰り返されます。10分を超えるアルバム最長の曲。ウイルスによる人間への攻撃が歌われます。これは終わらせることができるのか?と最後に問うように歌われます。終盤は美しいパッセージになり終了。
Forgotten Memories 未来を見据えた希望を持たせる曲。ブロックらしい力強さと諸行無常感のあるメランコリーなメロディ。
Higher Ground 最終曲、Love In Spaceを思わせる生暖かいメロディアスナンバーで前曲の希望感を引き継いで、ホッとさせるエンディング。

コロナウイルスをテーマにしてはいますが、陳腐なコンセプト作にあらず、ファンなら十分楽しめる作品と思います。コロナウィルスの先はどんな未来になるのか、ホークスと共に新時代を歩んでいきましょう。


関連情報

・HAWKWIND LIGHT ORCHESTRAの1stアルバムSTELLAR VARIATIONS (2012)のレビュー


オリジナルUK盤&日本盤ディスコグラフィ2 Compact Disc 2020に戻る
ディスコグラフィ1 Analog Disc
ディスコグラフィ2 Compact Disc
関連アーティスト・ディスコグラフィ

2020/10/21 update


HAWKWIND DAZEトップページに戻る