Hawkwind Daze Logo

Analog Disc

Top > discography1 > 1976-1979 > KERB CRAWLER

HAWKWIND | KERB CRAWLER / HONKY DORKY

CHARISMA CB289 (1976)

Hawkwind Kerb Crawler EPHawkwind Kerb Crawler EP
ジャケット無しでのリリースでした。初期のレーベルにはMixed by Dave Gilmourの表記。後期のレーベルは、なぜかそれが消されています。

CHARISMAからの初リリースは、アルバム先行シングル。A面はシングルの定石通り、極めてポップなナンバー。レーベル初のリリースとしてCHARISMAは力を入れたのでしょうか、ミキシングにDAVE GILMOURの名前があります。ちなみに、初期の銀色レーベルでは、B面にもギルモアのクレジットが入っています。果たしてB面も彼がミックスしたのか真相は不明です。A面はのちに発売されるアルバムASTOUNDING SOUNDS, AMAZING MUSICにも収録、そちらでもミキシングにギルモアのクレジットが入っています。初の女性コーラスがバックに入っているファンキーなアレンジで、ある意味ではPINK FLOYD的でもあります。
B面はインスト曲ですが、アルバム・オープニング曲Reefer Madnessの間奏部分の別アレンジかと思っていましたが、実はアルバムに収録された際、この部分が編集でカットされていたことが、のちに判明します。収録時間の関係でしょうか、間奏部のシンセソロが続く部分は途中でフェードアウトしノイズの轟音が入って、再び演奏がフェードインします。そこでカットされた部分がこのHonky Dorkyとされたようです。そのためここではフェード・インで始まりフェード・アウトで終わります。こちらはCDではGRIFFIN盤ASUTONDING SOUNDS, AMAZING MUSICとCHARISMAのコンピ盤TALES FROM ATOMHENGEに収録されています。またATOMHENGEから再発されたASTOUNDING SOUNDS, AMAZING MUSICにも収録されました。
ちなみに 1999年に30周年記念で発売されたベストEPOCHECLIPSE THE ULTIMATE BEST OF(1枚もの)では、25 YEARS(12" Remix)のクレジットにミキシングとしてギルモアの名前が入っていますが、単なるミスだと思います。同時期にリリースされた3枚組のベストEPOCHECLIPSE 30YEAR ANTHOLOGYの同曲のクレジットには、ギルモアの名前は一切入っていません。ところがKerb Crawlerのクレジットにも、やはりギルモアのクレジットは入っていないという状態です。
いずれにしても、1stアルバムでピンクのMUSIC FROM THE FILM MOREのCymbaline、THE PINK FLOYD ENCYCLOPEDIAでIntersteller Overdriveをカバーしたりと、ピンクへのリスペクトをしていますね。

ところで近年ブロックのインタビューで、ギルモアの当時の作業について質問されたのですが「昔過ぎて憶えていない」そうです。


関連情報

・この曲が収録されているLP盤ASTOUNDING SOUNDS, Amazing MUSICのレビュー


オリジナルUK盤&日本盤ディスコグラフィ Analog Disc 1976-1979に戻る

2018/01/15 update


HAWKWIND DAZEトップページに戻る