Hawkwind Daze Logo

Compact Disc

Top discography1 > 1970-1972 > SILVER MACHINE

SILVER MACHINE / SEVEN BY SEVEN

UNITED ARTISTS - UP35381 (1972)

HAWKWIND/SILVER MACHINE EP 1972
ジャケット付きでリリースされました。

72年2月13日のラウンドハウスでのライブ・テイクを元にボーカルの差換え、オーバーダブを施して同年6月リリース。本国ではヒット・チャートを爆走し3位まで登り詰めました。日本でも民放AM局洋楽チャートでベスト10入りを果たしました。この年New Musical Express誌の年間シングル部門でベストシングルに選ばれました。
その後も本国UKでは78年83年にもリバイバル・ヒットするというUKロック史に残る曲。リバイバル・ヒットに伴い、何度かジャケを変えて再発を続けていくシングルとなりました。

このテイクでの演奏メンバーはブロック、ターナー、ディクミク、ダトマー、レミーに新加入のサイモン・キング。オリスがLSDでドロップアウトしたため、キングが正式メンバーになっています。作曲はブロック(クレジットには変名でS.MacManusと表記されています)。

当時マスコミ嫌いだとか、アルバムが一つの作品だとか、ヒットチャートには全く興味がないと答えていたそうですが、それに反してのポップでヒット狙いなリリースは物議を呼んだそうです。ニックは当時のインタビューで大量のステージセット、機材の盗難(72年5月)にあってバンドが財政的な危機に陥っていたことや、レコード会社との契約内容等を有利な条件にするとかの理由で、計算してこのシングルを出したと話していました。
いずれにしても、このヒットのおかげでバンドは実質的な力をつけ、のちのSPACE RITUALへ繋がる成功へと邁進します。
この曲は当時、シングル専用曲でアルバムには未収録でした。日本ではアルバム「ドレミファソラシドのオープニングに特別収録されます。

加工前のライブ・テイクは、以前まではGLASTONBURY FAYREでしか聴くことができませんでした。実に35年後の2007年にEMIがリリースしたGREASY TRUCKERS PARTY完全版に収録されたことで一般的に聴けるようになりました。元テイクでは作詞をしたカルバートがリードボーカルをとっていますが、シングルではレミーに差し換えられています。カルバートはヨレヨレでしたので、骨太なレミーのボーカルに入れ替えたことで力強さが生まれています。一応はスタジオで録り直しをしたものの、カルバート本人もその他のメンバーのボーカルもしっくりせず、レミーが歌ったらピッタリはまったとのこと。当然ながらカルバートは納得してなかったみたいです。
メロディアスなロックンロールに電子音、宇宙船が銀河を進むようなホワイトノイズが全編に流れつづけ、これぞ新世代のスペイシーなロックです!という、とても分かりやすい作り。
ヒットを受けてプロモーション・フィルムが制作されました。ホークスのライブ演奏の映像を編集したもので、演奏と曲は同期していませんが、72年当時の動くホークスが観れる唯一の映像です。ステイシアのパフォーマンスも映っている貴重な映像。公共性を踏まえて着衣のシーンのみです。
なおこのオリジナル版以降、この後の再発アナログ・シングルでは全てリミックス版となったようです。違いはわずかですが、多少各楽器の音が明瞭になりました。

B面SEVEN BY SEVENもやはりアルバム未収のスタジオ・テイク。ブロックのリード・ボーカルと中間部はカルバートの朗読が入っています。ステージでも取り上げられておりアルバムSPACE RITUALでライブ演奏が聴けます。このSEVEN BY SEVENも2ヴァージョンあって、ミックス違いが存在します。当時のリリースの時点ですでに2バージョンあったという話もあります。別リミックスは再発盤シングルで聴くことができますが、やはり全体に明瞭な感じがするという程度の違いです。


関連情報

・元テイクが収録された72年2月のラウンドハウスのライブアルバムGREASY TRUCKERS PARTY

・このシングルの当時の日本盤「シルバー・マシーン」

オリジナルUK盤&日本盤ディスコグラフィAnalog Disc 1970-1972 に戻る

2019/4/14 update


HAWKWIND DAZEトップページに戻る